プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像

プラセンタとは


プラセンタはラテン語の「胎盤」。
一般的に、哺乳動物の「胎盤」から抽出されたエキス(プラセンタエキス)のことをいいます。

この胎盤は、赤ちゃんの胎内での発育成長に大きな役割を果たしており、
胎児に必要不可欠な、さまざまな栄養成分や、多くの生理活性物質が詰まっています。

人間を筆頭とする哺乳動物は、太古の昔から、この胎盤(プラセンタ)の作用を本能的に利用してきました。

人間以外の哺乳動物の多くは、出産後に排出された胎盤を、食べてしまうようです。
これは、出産による大きな負担を、胎盤(プラセンタ)を食べることにより、栄養補給することが大きな理由です。

日本でも縄文時代の竪穴式住居内に穴が掘られ、中に胎盤が埋められていた痕跡が発見されており、この胎盤が利用されていたようです。

胎児が発育成長することができるわけですから、胎盤(プラセンタ)には、大きな栄養が詰まっているのでしょう。動物の生きていく本能のなせるわざなんでしょうね。
現代の科学をもってしても未知なる部分の多い、尊大な組織なのです。


昨今、日本でも、このプラセンタが再認識され、注目されていますね。
医療においては、肝機能障害やアトピー、機能改善などで、昔から認可された療法でもあり、美容においても、美肌や若返りに、大きく作用しています。

このサイトは、美容と健康を手に入れるための情報をご紹介しておりますので、
時折、立ち寄っていただければ幸いです。

投稿者: | パーマリンク |TOPページへ画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://crie2007.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/296

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)