プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像

プラセンタの医療現場での利用


プラセンタは現在では、多くの医療現場で利用されています。
実は、プラセンタは、紀元前から薬として用いられてきたのです。

滋養強壮の漢方薬として、唐の時代(618年〜907年)の漢方医学書『本草拾遺』や
明の時代(1368年〜1644年)の『本草網目』に紹介されています。

秦の始皇帝(紀元前259年〜紀元前210年)が不老不死の妙薬のひとつとして
用いたことなどが知られています。
西洋では、西洋医学の父ヒポクラテスが治療に利用していたといわれています。


1930年代、旧ソ連・医科大学教授のフィラートフ博士は、「組織療法」にプラセンタを使用したことで、
プラセンタが再び脚光を浴びることとなりました。博士は、「プラセンタは、全身の機能を活発にするばかりでなく、病体部分の治癒を促進する作用に優れる」と報告しています。

日本では、1950年に「組織療法」を研究していた医師たちにより『組織療法研究所』が設立されました。彼らは、プラセンタエキスの注射液の開発と同時に、1956年『メルスモン製薬株式会社』を発足させ、国から医薬品の認可も得て、更年期障害と乳汁分泌不全の注射薬【メルスモン】 の製造・販売がスタートしました。

これ以外で、「組織療法」を日本に広めたのが、稗田憲太郎博士です。
稗田博士は、満州医大の教授でしたが、第二次世界大戦後の中国で、「組織療法」と出会います。
帰国後、プラセンタの研究に情熱を傾けます。

そして、冷蔵したプラセンタから抽出したエキスを活用する「冷蔵胎盤漿液療法」の開発に成功します。
その後、1959年に稗田博士の研究に基づくプラセンタエキスの注射薬【ラエンネック】 (現在は肝機能改善の医薬品として、厚生労働省から認可)が発売されました。


投稿者: | パーマリンク |TOPページへ画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://crie2007.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/299

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)