プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像

プラセンタ療法の種類


プラセンタには、注射と内服用があります。
最近では、清涼飲料水としてのドリンクも出てきました。

これらは、「ヒト」胎盤と「ブタ」胎盤がありまして、注射には「ヒト」胎盤が使われ、
内服用やドリンクには「ブタ」胎盤が使われるのが、一般的なようです。

効用や安全性は、どちらも変わりないので、心配はないです。

それぞれに長所と短所があります。
注射による長所は、皮下注射や筋肉注射なので、ダイレクトに体内に注入されることで、
効用も早いといわれています。

短所は、通院が必要なことと、注射ですから多少の痛みがあること、
一回の治療費が3000円〜8000円程度必要なことです。

内服用やドリンクの長所は、通院する必要がなく、痛みもありませんね。
毎日服用しますが、価格的には、月間平均で注射ほどかかりません。

短所は、服用は体内吸収割合が、注射より低いことと、美容等に関しては、
継続的に飲み続ける必要もあるということです。


オススメは、日本の大手製薬会社が運営する研究所からのプラセンタドリンクがあり、
それは、体内吸収率が30%〜50%もあり、「ブタ」胎盤は、セカンダリーSPFを使用していますので、品質や安全性はピカイチですね。
これについては、順次、ご紹介させていただきますので、ご期待ください。

投稿者: | パーマリンク |TOPページへ画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://crie2007.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/300

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)