プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像

プラセンタ(胎盤)の構造

胎盤(プラセンタ)とは、女性の妊娠時に子宮の中に形成されます。(哺乳類の雌全般)
大きさは直径15〜20センチ、重さ500〜600グラム程度、
円形または楕円形の扁平板状で、妊娠してから15週に完成されます。

胎盤(プラセンタ)は、母体と胎児の連絡する器官であり、胎盤は胎児にとって生命を営むための物質交換の場所なんです。

そして胎児が、発育成長する過程で、この胎盤は胎児の循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、
免疫系などの働きを代行しています。

胎児は、臍帯で胎盤と連絡されておりますが、母体の血液と胎児の血液とは直接混合していません。
よって、酸素・栄養分・老廃物などの物質交換が行われる場所ですが、
母体と胎児の血液型が異なっていても、異型輸血のような凝血は起こらないのです。
本当に人間の体って、よくできていますね。

また、動物の種類により胎盤の形態が異なりますが、人間や猿などにみられる盤状胎盤、
馬や豚などにみられる散在性胎盤、反芻類にみられる多胎盤、食肉類にみられる帯状胎盤に分類されます。

胎児と胎盤の位置関係
胎児と胎盤の位置関係

胎盤(プラセンタ)は、「胎盤絨毛膜」「絨毛間腔」「基底脱落膜」の3つから成り立っています。

胎児側では胎盤は羊膜で境され、次に絨毛膜板があります。

絨毛膜板からはツリー状に絨毛が生えていて、ツリーの幹にあたる部分を幹絨毛といい、
そこから枝のように分枝絨毛が形成されています。

ツリーの一番上の部分は基底脱落膜に付着、固定しており、この絨毛を付着絨毛といい、
それ以外の付着していない絨毛を浮遊絨毛といいます。絨毛内は胎児血管が走っています。

母体側では基底脱落膜から母体血管が開口し、母体血が噴出しており、
絨毛はこの血液の中をただよっています。基底脱落膜の一部は、絨毛膜板に向かって隆起し、
区画分けしていて、この隆起を胎盤中隔と呼びます。

胎盤中隔は、絨毛膜板には付着しておらず、全ての区画は開通しています。

胎盤の構造
胎盤の構造

【胎盤のCG画像や動画】

CGで見る生物のしくみとはたらき


【画像資料及び参照資料】

ウィキペディア

胎盤(羊水)の生理


投稿者: | パーマリンク |TOPページへ画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://crie2007.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/304

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)