プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像

プラセンタ(胎盤)の働き

胎盤(プラセンタ)は、母体と胎児の連絡する器官であり、
胎盤は胎児にとって生命を営むための物質交換の場所なんです。

胎児から伸びている臍帯の臍動脈からの血液は、胎盤の絨毛内の毛細血管網内に入り、
絨毛間腔中の母胎血から酸素および栄養分をとります。

そして、臍動脈中に集まった炭酸ガスその他の老廃物は絨毛間腔中に放され、
母胎血から得た酸素および栄養分は、動脈血の臍静脈となり胎児に戻ります。
逆に老廃物は、静脈に戻り母体に返されて代謝されます。

そして、胎盤(プラセンタ)の大きな役割は、胎児の保護はもちろん、
酸素や栄養分の補給や、各種の臓器の代わりをすることです。

胎児は、発育成長する過程で、各種の臓器の機能が不十分のため、
循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、免疫系などの働きを胎盤が代行しています。

また、発育成長のために必要な呼吸やタンパク質合成・有害物の解毒・
ホルモンの分泌・排泄などの重要な働きを胎盤が行っています。

【胎盤(プラセンタ)が代行する臓器機能】

肺臓:呼吸機能
肝臓:代謝素養・解毒作用
腎臓:排泄作用
脳下垂体・卵巣:内分泌作用
脾臓:免疫作用
小腸:消化作用

投稿者: | パーマリンク |TOPページへ画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://crie2007.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/305

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)