プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像

« 2007年10月 | メイン | 2008年02月 »

プラセンタ(胎盤)の効果

 
プラセンタには、以下のような多くの薬理効果が期待できます。

 * 更年期障害 
 * 生理痛 生理不順 
 * 乳汁分泌不全 
 * 慢性肝炎 肝硬変 肝炎 
 * 胃・十二指腸潰瘍 
 * アレルギー性疾患 
 * ホルモンバランス調整
 * 神経痛
 * 腰痛 膝痛
 * シミ ソバカス ニキビ 
 * ジンマシン 湿疹 美肌 
 * 疲労 不眠 
 * 精力減退 五十肩  冷え性
 * ストレスによるイライラ
 * 頭痛 しびれ 動悸 めまいなど

★特に肝機能障害や更年期障害については厚生労働省認可済みであり、
 プラセンタ注射として医療機関で使われています。

投稿者: |病気治療コメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ(胎盤)の薬理作用

■プラセンタの作用■

 1.組織呼吸促進作用
 2.創傷治癒促進作用
 3.抗疲労作用
 4.肝細胞増殖促進作用
 5.抗脂肝作用
 6.間質結合織の吸収促進作用
 7.硝子体および球結膜下出血の吸収促進作用

プラセンタエキスの作用

 1.末梢血液を増す作用
 2.細胞呼吸、組織代謝を活発にする作用
 3.炎症を抑える作用
 4.アレルギーを抑える作用
 5.色素沈着を防ぐ作用
 6.肉芽の形成を促進する作用
 7.老化角質を融解する作用
 8.保湿作用


“ヒト胎盤エキスの抗酸化作用”の研究成果が、1996年3月の日本薬学会で発表された。
これは、星薬科大学の衛生化学教室・渡邊聡薬学博士らによる乾達医師らの研究グループによるもので

、プラセンタエキスの活性酸素やフリーラジカルを除去する働きについての基礎研究であった。

すでに、渡邊博士は、“フリーラジカルと活性酸素”が増加して過酸化脂質をつくることで肝障害が起

こるという事実を突き止めていた。(急性アルコール肝障害の発生に関する研究)

フリーラジカルと活性酸素は体の細胞を酸化させることで細胞を劣化し傷つけ、あらゆる病気の発生と

老化の進行に強く関与していることが、近年多くの研究者によって明らかにされている。

「ヒト胎盤エキスは、そのフリーラジカルなどの働きを抑制して肝臓を守ることが、95年6月から始め

た動物実験で確認できました。

【引用参照】

プラセンタの薬理作用

投稿者: |プラセンタ, 病気治療コメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ(胎盤)の成分


■プラセンタ(胎盤)の成分■

プラセンタ(胎盤)には、胎児に必要な様々な栄養成分が含まれています。
タンパク質、糖質、脂質、ミネラル、酵素、ビタミン、核酸など多くの栄養素があります。


【胎盤に含まれる主な栄養素】
--------------------------------------------------------------------------------

・タンパク質:グロブリン、アルブミン・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・糖質:ガラクトース、グルコース、ショ糖・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・脂質&脂肪酸:コレステロール、ホスファーチジールエタノールアミン、ラウリン酸・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・アミノ酸:アラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、グリシン、リジン、アルギニン・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・ビタミン:ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB4、ビタミンB6、ビタミンB12、C、D、E・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・活性ペプチド:各種
--------------------------------------------------------------------------------

・核酸:DNA、RNA・・・
(核酸は細胞の内呼吸、成長タンパク合成などの機能があります)
--------------------------------------------------------------------------------

・ムコ多糖体:ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸・・・
(ムコ多糖類の減少は皮膚の水分量が低下し、小ジワやたるみの原因となります)
--------------------------------------------------------------------------------

・ミネラル:カルシウム、カリウム、ナトリウム、リン、マグネシウム、鉄・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・酵素:酸性ホスファターゼ、アルカリホスファターゼ、ヒアルロニターゼ他多数・・・
(アルカリホスファターゼはほとんどの組織細胞に存在しており、細胞に栄養源を送りこむ時の調整役
。合成不可能な酵素であり、最も重要です。)
--------------------------------------------------------------------------------

投稿者: |プラセンタコメント (0) | トラックバック (0)