プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像
●ABOUTプラセンタカテゴリー
「プラセンタで貴方も美肌美人♪」のカテゴリ「プラセンタ」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページが、新しい順番に並んでいます。
次のカテゴリーは、美肌Q&A です。

プラセンタ(胎盤)の薬理作用

■プラセンタの作用■

 1.組織呼吸促進作用
 2.創傷治癒促進作用
 3.抗疲労作用
 4.肝細胞増殖促進作用
 5.抗脂肝作用
 6.間質結合織の吸収促進作用
 7.硝子体および球結膜下出血の吸収促進作用

プラセンタエキスの作用

 1.末梢血液を増す作用
 2.細胞呼吸、組織代謝を活発にする作用
 3.炎症を抑える作用
 4.アレルギーを抑える作用
 5.色素沈着を防ぐ作用
 6.肉芽の形成を促進する作用
 7.老化角質を融解する作用
 8.保湿作用


“ヒト胎盤エキスの抗酸化作用”の研究成果が、1996年3月の日本薬学会で発表された。
これは、星薬科大学の衛生化学教室・渡邊聡薬学博士らによる乾達医師らの研究グループによるもので

、プラセンタエキスの活性酸素やフリーラジカルを除去する働きについての基礎研究であった。

すでに、渡邊博士は、“フリーラジカルと活性酸素”が増加して過酸化脂質をつくることで肝障害が起

こるという事実を突き止めていた。(急性アルコール肝障害の発生に関する研究)

フリーラジカルと活性酸素は体の細胞を酸化させることで細胞を劣化し傷つけ、あらゆる病気の発生と

老化の進行に強く関与していることが、近年多くの研究者によって明らかにされている。

「ヒト胎盤エキスは、そのフリーラジカルなどの働きを抑制して肝臓を守ることが、95年6月から始め

た動物実験で確認できました。

【引用参照】

プラセンタの薬理作用

投稿者: |プラセンタ, 病気治療コメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ(胎盤)の成分


■プラセンタ(胎盤)の成分■

プラセンタ(胎盤)には、胎児に必要な様々な栄養成分が含まれています。
タンパク質、糖質、脂質、ミネラル、酵素、ビタミン、核酸など多くの栄養素があります。


【胎盤に含まれる主な栄養素】
--------------------------------------------------------------------------------

・タンパク質:グロブリン、アルブミン・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・糖質:ガラクトース、グルコース、ショ糖・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・脂質&脂肪酸:コレステロール、ホスファーチジールエタノールアミン、ラウリン酸・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・アミノ酸:アラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、グリシン、リジン、アルギニン・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・ビタミン:ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB4、ビタミンB6、ビタミンB12、C、D、E・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・活性ペプチド:各種
--------------------------------------------------------------------------------

・核酸:DNA、RNA・・・
(核酸は細胞の内呼吸、成長タンパク合成などの機能があります)
--------------------------------------------------------------------------------

・ムコ多糖体:ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸・・・
(ムコ多糖類の減少は皮膚の水分量が低下し、小ジワやたるみの原因となります)
--------------------------------------------------------------------------------

・ミネラル:カルシウム、カリウム、ナトリウム、リン、マグネシウム、鉄・・・
--------------------------------------------------------------------------------

・酵素:酸性ホスファターゼ、アルカリホスファターゼ、ヒアルロニターゼ他多数・・・
(アルカリホスファターゼはほとんどの組織細胞に存在しており、細胞に栄養源を送りこむ時の調整役
。合成不可能な酵素であり、最も重要です。)
--------------------------------------------------------------------------------

投稿者: |プラセンタコメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ(胎盤)の利用

胎盤(プラセンタ)は母胎から胎児が出産すると同時に、胎児の臓器代行と
その他の機能としての役割が終了し、脱落して排出されます。

しかし、元々、胎児の発育成長を担っていたものなので、
胎盤の栄養分や免疫機能は再利用する価値があります。

本能でしょうか。哺乳動物の多くは、出産後に羊膜等と一緒に胎盤(プラセンタ)を食べてしまいます。
これは、血の臭いを消して捕食者に狙われにくくするということと、産後の負担に対しての栄養補給ということもいわれています。
たぶん、後者の方が大きな理由と思われますが。

人間の場合でも、世界各国では、健康のために産婦自身や家族が
胎盤(プラセンタ)を食べる風習があるようです。
なんと、生食の場合もあるようですが、ちょっと、「キモイ」ですね。


日本では、臍帯血(胎盤から取られたものも含む)の利用の普及が知られていますが、
昨今では、美容ブームもあり、化粧品や胎盤(プラセンタ)注射や内服が大きな話題になりましたね
。(すでに医療界では、肝機能障害等での胎盤(プラセンタ)注射は昔からの常識ですが)

最近では、この胎盤(プラセンタ)のドリンクも発売されています。
これは清涼飲料水として発売されていますが、その作用は、注射に劣らず大きいようです。

一般的に注射は「人」の胎盤を使用し、健康食品や化粧品は「豚」「羊」「馬」「牛」の胎盤が多い

ようです。効果や安全性は、どれも変わりませんので心配はいりません。
(現在は、狂牛病の関係もあり、「豚」の胎盤が多く利用されています。)


ただ、注意しておきたいのは、プラセンタエキスの濃度と品質です。

各製品によって、価格が大きく違うのは、このプラセンタエキスの濃度と品質に関係があります。
製品に含まれるプラセンタエキスの濃度はメーカーによってバラバラです。
元々薄いエキスを大量に入れて、いかにもたくさん入っているように消費者に思わせるメーカーもあ
ります。
疑問に思ったら直接聞いて見ましょう。


投稿者: |プラセンタコメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ(胎盤)の働き

胎盤(プラセンタ)は、母体と胎児の連絡する器官であり、
胎盤は胎児にとって生命を営むための物質交換の場所なんです。

胎児から伸びている臍帯の臍動脈からの血液は、胎盤の絨毛内の毛細血管網内に入り、
絨毛間腔中の母胎血から酸素および栄養分をとります。

そして、臍動脈中に集まった炭酸ガスその他の老廃物は絨毛間腔中に放され、
母胎血から得た酸素および栄養分は、動脈血の臍静脈となり胎児に戻ります。
逆に老廃物は、静脈に戻り母体に返されて代謝されます。

そして、胎盤(プラセンタ)の大きな役割は、胎児の保護はもちろん、
酸素や栄養分の補給や、各種の臓器の代わりをすることです。

胎児は、発育成長する過程で、各種の臓器の機能が不十分のため、
循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、免疫系などの働きを胎盤が代行しています。

また、発育成長のために必要な呼吸やタンパク質合成・有害物の解毒・
ホルモンの分泌・排泄などの重要な働きを胎盤が行っています。

【胎盤(プラセンタ)が代行する臓器機能】

肺臓:呼吸機能
肝臓:代謝素養・解毒作用
腎臓:排泄作用
脳下垂体・卵巣:内分泌作用
脾臓:免疫作用
小腸:消化作用

投稿者: |プラセンタコメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ(胎盤)の構造

胎盤(プラセンタ)とは、女性の妊娠時に子宮の中に形成されます。(哺乳類の雌全般)
大きさは直径15〜20センチ、重さ500〜600グラム程度、
円形または楕円形の扁平板状で、妊娠してから15週に完成されます。

胎盤(プラセンタ)は、母体と胎児の連絡する器官であり、胎盤は胎児にとって生命を営むための物質交換の場所なんです。

そして胎児が、発育成長する過程で、この胎盤は胎児の循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、
免疫系などの働きを代行しています。

胎児は、臍帯で胎盤と連絡されておりますが、母体の血液と胎児の血液とは直接混合していません。
よって、酸素・栄養分・老廃物などの物質交換が行われる場所ですが、
母体と胎児の血液型が異なっていても、異型輸血のような凝血は起こらないのです。
本当に人間の体って、よくできていますね。

また、動物の種類により胎盤の形態が異なりますが、人間や猿などにみられる盤状胎盤、
馬や豚などにみられる散在性胎盤、反芻類にみられる多胎盤、食肉類にみられる帯状胎盤に分類されます。

胎児と胎盤の位置関係
胎児と胎盤の位置関係

胎盤(プラセンタ)は、「胎盤絨毛膜」「絨毛間腔」「基底脱落膜」の3つから成り立っています。

胎児側では胎盤は羊膜で境され、次に絨毛膜板があります。

絨毛膜板からはツリー状に絨毛が生えていて、ツリーの幹にあたる部分を幹絨毛といい、
そこから枝のように分枝絨毛が形成されています。

ツリーの一番上の部分は基底脱落膜に付着、固定しており、この絨毛を付着絨毛といい、
それ以外の付着していない絨毛を浮遊絨毛といいます。絨毛内は胎児血管が走っています。

母体側では基底脱落膜から母体血管が開口し、母体血が噴出しており、
絨毛はこの血液の中をただよっています。基底脱落膜の一部は、絨毛膜板に向かって隆起し、
区画分けしていて、この隆起を胎盤中隔と呼びます。

胎盤中隔は、絨毛膜板には付着しておらず、全ての区画は開通しています。

胎盤の構造
胎盤の構造

【胎盤のCG画像や動画】

CGで見る生物のしくみとはたらき


【画像資料及び参照資料】

ウィキペディア

胎盤(羊水)の生理


投稿者: |プラセンタコメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタとは


プラセンタはラテン語の「胎盤」。
一般的に、哺乳動物の「胎盤」から抽出されたエキス(プラセンタエキス)のことをいいます。

この胎盤は、赤ちゃんの胎内での発育成長に大きな役割を果たしており、
胎児に必要不可欠な、さまざまな栄養成分や、多くの生理活性物質が詰まっています。

人間を筆頭とする哺乳動物は、太古の昔から、この胎盤(プラセンタ)の作用を本能的に利用してきました。

人間以外の哺乳動物の多くは、出産後に排出された胎盤を、食べてしまうようです。
これは、出産による大きな負担を、胎盤(プラセンタ)を食べることにより、栄養補給することが大きな理由です。

日本でも縄文時代の竪穴式住居内に穴が掘られ、中に胎盤が埋められていた痕跡が発見されており、この胎盤が利用されていたようです。

胎児が発育成長することができるわけですから、胎盤(プラセンタ)には、大きな栄養が詰まっているのでしょう。動物の生きていく本能のなせるわざなんでしょうね。
現代の科学をもってしても未知なる部分の多い、尊大な組織なのです。


昨今、日本でも、このプラセンタが再認識され、注目されていますね。
医療においては、肝機能障害やアトピー、機能改善などで、昔から認可された療法でもあり、美容においても、美肌や若返りに、大きく作用しています。

このサイトは、美容と健康を手に入れるための情報をご紹介しておりますので、
時折、立ち寄っていただければ幸いです。

投稿者: |プラセンタコメント (0) | トラックバック (0)