プラセンタとは、胎盤。プラセンタは、細胞を活性化して、美肌、美白作用があり、若返りの効果も期待できます。人の身体すべてに良い影響をあたえます。

メイン画像
●ABOUT療法Q&Aカテゴリー
「プラセンタで貴方も美肌美人♪」のカテゴリ「療法Q&A」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページが、新しい順番に並んでいます。
1つ前のカテゴリーは、病気治療 です。

プラセンタ注射について

プラセンタ注射について

プラセンタは、肝機能障害や更年期障害などの治療薬として厚生労働省から認可されており、保険適用が可能なんです。

そして、プラセンタの治療として医療機関での一般的なものは、注射と錠剤服用があります。

このプラセンタ注射は「ヒト」胎盤エキス、錠剤等は「ブタ」胎盤エキスが一般的で、
これらの治療薬のメーカーは、メルスモン(メルスモン製薬)とラエンネック(日本生物製剤)があります。

メルスモンは更年期障害・乳汁分泌不全に、ラエンネックは慢性肝疾患に効果が期待できます。

プラセンタ注射は、病状等により個人差がありますが、週に1回〜2回程度の頻度で行うことが多いようですが、この件に関しては、担当の医師に相談してください。

金額は、1回のプラセンタ注射で2000円〜5000円前後ですが、これも注入量やプラセンタエキス含有量により変わるのでご確認くださいね。


投稿者: |療法Q&Aコメント (0) | トラックバック (0)

プラセンタ療法の種類


プラセンタには、注射と内服用があります。
最近では、清涼飲料水としてのドリンクも出てきました。

これらは、「ヒト」胎盤と「ブタ」胎盤がありまして、注射には「ヒト」胎盤が使われ、
内服用やドリンクには「ブタ」胎盤が使われるのが、一般的なようです。

効用や安全性は、どちらも変わりないので、心配はないです。

それぞれに長所と短所があります。
注射による長所は、皮下注射や筋肉注射なので、ダイレクトに体内に注入されることで、
効用も早いといわれています。

短所は、通院が必要なことと、注射ですから多少の痛みがあること、
一回の治療費が3000円〜8000円程度必要なことです。

内服用やドリンクの長所は、通院する必要がなく、痛みもありませんね。
毎日服用しますが、価格的には、月間平均で注射ほどかかりません。

短所は、服用は体内吸収割合が、注射より低いことと、美容等に関しては、
継続的に飲み続ける必要もあるということです。


オススメは、日本の大手製薬会社が運営する研究所からのプラセンタドリンクがあり、
それは、体内吸収率が30%〜50%もあり、「ブタ」胎盤は、セカンダリーSPFを使用していますので、品質や安全性はピカイチですね。
これについては、順次、ご紹介させていただきますので、ご期待ください。

投稿者: |療法Q&Aコメント (0) | トラックバック (0)